マンガ・アニメ

【美大志望必見!】ブルーピリオド1巻レビュー【おすすめです】

こんにちわ兼業クリエイターのみっつです。

今回は美術系マンガで最近話題になってる『ブルーピリオド』の1巻を読んだので、感想を書いていきます。

ブルーピリオドのあらすじを一言で説明すると、

男子高校生が美大を目指す

ってお話です。

ブルーピリオドは『マンガ大賞2020』で1位に選ばれた作品で、2021年10月にはアニメ化も決まってます。

調べてみると、

マンガ大賞2019』では3位、『次に来るマンガ大賞2018年』で15位に入ってました。

みっつ

連載開始が2017年の6月らしいので、スタート当初から話題だったことが分かりますね!

読むと分かりますが、このマンガ、メチャクチャ面白いです!!!!

もうね、胸アツってか、目頭が熱くなりますよ(笑)

特に、絵とかデザインかじってる人なら共感できる部分も多いので、より楽しめると思います!!

私は専門学校でデッサンとかやってたんで、

「あ〜分かるわ〜」

って、懐かしみながら読んでました(笑)

鉛筆の芯を削ってるくだりとか、マジで主人公と同じこと思ってましたもんね。

「えッ!?芯長くない!?」って(笑)

今回はそんなブルーピリオドの、あらすじとお気に入りの場面を紹介していきます。

ネタバレも含みますので、何も知りたくない!って人はこちらの『eBookJapan』から1巻を読んで下さい。

今なら無料で読めるので、この機会を逃さない方がいいですよ〜

ブルーピリオドの1巻を無料で読む

ネタバレ注意!!

ネタバレ注意!!

ネタバレ注意!!

【ネタバレ注意】ブルーピリオド1巻の収録話【あらすじ】

  • 一筆目:【絵を描く悦びに目覚めてみた】
  • 二筆目:【有意義な時間】
  • 三筆目:【全然焼けてねえ】
  • 四筆目:【マジ神じゃない】

ブルーピリオドの1巻は主人公、山口八虎(やとら)が絵に興味を持ち始め、美術予備校の冬期講習を受ける部分までが載ってます。

時期で言うと、高校2年生の6月〜同年の12月頃ですかね。

【ネタバレ注意】ブルーピリオド1巻でお気に入り場面

ブルーピリオドは、心を揺さぶる場面がめっちゃあるんですよ。

その中でも私が特に気に入ってる場面を紹介します。

【二筆目】八虎が美術部入部を決める瞬間【有意義な時間】

「絵って趣味じゃだめですか?」

美大に行ってどうする?

絵で食べていける保証も無いのに、なぜみんな美大に行く?

美大に行きたい自分、でも、今さら絵の道を目指しても…

だけどもし、ほんの僅かでも望みがあるなら…

本心と建前の板挟みの中、美術部顧問の佐伯先生に答えを求める八虎。

そんな八虎に、佐伯先生は微笑みながら語りかける―

『好きなことは趣味でいい―』

これは大人の発想だと思いますよ。

「好きなことに、人生の一番大きなウェイトを置くのって、普通のことじゃないでしょうか?」

その言葉で揺らぐ八虎。

あるのか?

1%でも、可能性があるのか?

だったら…

目指してもいいのか?

今からでも…

「美大って、

俺、入れると思います・・・? 」

目線も定まらないほど、不安げな表情で八虎が聞く。

「分かりません!

でも、好きなことをする努力家はね、最強なんですよ!」

八虎の不安を吹き飛ばす、爽快な返事。

その言葉を聞いた八虎は、強く目を閉じた後、決心する―

「俺っ!

明日、入部届持ってきます」

東京藝術大学の入学試験まで、

いや〜〜〜〜〜

シビれますね!!!

八虎を通して、世間一般の声を代弁させる。

その声を先生が論破し、美大に行くメリットを伝える。

でも最後は理屈じゃなくて、

『自分が好きな事をやりなさい』

っていう、感情論で訴えてくる感じ…

たまらなく好きですね〜

ムリだと笑うやつを笑え!

アーティスト、デザイナー、クリエイター…

こういう職業を目指した時、周囲の人ってたいてい、

才能が〜」とか、

成功するのは一握り〜」、とか言って拒絶する傾向にありません?

私がゲーム業界のCG屋を目指した時なんて、親は否定してきましたよ。

まぁ無視したんですけど(笑)

みっつ

やったこと無いのに否定してくる人いるけど、無視でいいんですよあんな人たち。

そういう、

世間の否定的な言葉や考えに悩んでる人がいたら、ぜひ読んで欲しいです。

特にデザイナーやクリエイターと呼ばれる、モノづくりを目指す全員にこのやり取りを読んで頂きたいッ!

いつから始めてもいいんだよ!

今からでも遅くないよ!!

って感じで、

迷ってる自分の背中を押してくれるはずです。

そして八虎のように、第一歩を踏み出す勇気が貰えると思います!

ブルーピリオドの1巻を無料で読む

【ネタバレ注意】ブルーピリオド1巻の感想

  • 物語の展開が早くテンポが良い
  • 名言のオンパレード
  • 美大受験ってハンパじゃない

以上がブルーピリオド1巻を読んだ感想です。

1巻で高校2年生の下半期を描いてるんで、物語はテンポよく展開していきます。

名言やな〜って感じる言葉も多く、心揺さぶるシーンが目白押しです。

そしてやっぱり、美大受験ってハンパじゃないですね…

私もこちらの『【倍率7倍!?】美大の入試難易度高すぎ【予備校必須】』で書いてますが、作中では東京藝術大学の入試倍率について触れてるシーンがあります。

それを読んで改めて、

「美大の倍率って、エグいな…」

って思いました。

それと同時に、先輩や同期の美大卒の方へ、再度リスペクトを感じました。

みっつ

美大生や美大卒の人は、本当に凄いと思います!

夢を追う若人には勇気を与え、

現役クリエイターは懐かしさを感じる。

どの立場の人が読んでも絶対に後悔しない作品だと思います!

今なら『eBookJapan』で1巻が無料公開されてます!

この機会にぜひ1巻だけでも読んでみて下さい!

ブルーピリオドの1巻を無料で読む

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。