専門学校

【2年制ならココ】ゲーム系専門学校まとめ【オススメです】

資料請求はこちら

記事読むのが面倒な人はとりあえず↑の専門学校の資料を請求しといて下さい。

こんな風に悩んでませんか?

「2年制のゲーム系専門学校を探してるけど、どこか良い所ないかな…」

「オススメな専門学校を教えてほしい…」

ゲーム・CG系の専門学校って、めちゃくちゃ多くてどれにしていいか分からないですよね…

わかります。過去の私もそうでした。

今回はそんな過去の私のように、

ゲーム・CG業界に行ける専門学校、だれか教えてくれ!!

って人の悩みを解決出来ればと思います。

みっつ

私は専門学校を卒業し、現在は都内のゲーム会社でCG制作に携わってます。

現役CGクリエイターと元専門学生の観点から、おすすめの専門学校を厳選しました。

50校以上の専門学校を調べた結果なので、信ぴょう性は高いと自負しております。

ゲーム・CG業界に行きたいけど、どこの専門学校に行っていいか分からない!

そんな人の参考になれたら幸いです。

結論:2年制おすすめ専門学校
  • 日本工学院専門学校蒲田・八王子
  • アミューズメントメディア総合学院
  • 神戸電子専門学校
  • 大阪アミューズメントメディア専門学校

以上が2年制でオススメな専門学校です。

気になる人は下のリンクから資料請求してください。

※3・4年制の専門学校は除外してますのでご了承ください。

【2年制オススメ①】日本工学院専門学校|蒲田・八王子

日本工学院|蒲田校

日本工学院専門学校|蒲田・八王子(以下.日本工学院)の基本情報

  • 目指せる職種…プランナー、プログラマー
  • 場所…東京(蒲田・八王子)

日本工学院は、東京の蒲田と八王子にある専門学校です。

日本工学院専門学校の2年制の学科とその学費【264万】

学科名合計
ゲームクリエイター科¥2,645,690

日本工学院で2年制の学科は、『ゲームクリエイター科』のみで、プランナーかプログラマーの勉強が出来ます。

ゲームクリエイター科の学費は、2年間で264万5,690円です。

関東の2年制専門学校は、平均学費が『約267万円』なので、日本工学院の学費は平均より3万円ほど安いと言えます。

※平均学費は当サイト調べ

日本工学院専門学校の授業時間【1,650時間】

学科名合計
ゲームクリエイター科1,650時間

公式HPで公開されてる授業時間を合計すると、1,650時間で、年間平均は825時間です。

専門学校の授業時間は、年間800時間あれば普通なので、平均的と言えます。

日本工学院専門学校の輩出実績

  • 任天堂
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • スクウェア・エニックス
  • バンダイナムコスタジオ

日本工学院は、『任天堂』や、『ソニー・インタラクティブエンタテインメント』などの大手企業への輩出実績があります。

この他にも『スクウェア・エニックス』や、『バンダイナムコスタジオ』など東京のゲーム会社へ輩出実績が多そうです。

日本工学院の資料請求へ

【2年制オススメ②】東京アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院の基本情報

  • 目指せる職種プログラマー、プログラマー、グラフィッカー
  • 場所…東京(渋谷)

アミューズメントメディア総合学院は、東京の渋谷にある教育機関です。

無認可校ではあるものの、学院のクオリティは認可校に引けを取りません。

分けわからん専門学校より、断然、アミューズメントメディア総合学院をオススメします。

アミューズメントメディア総合学院の2年制学科とその学費【266万】

学科名合計
ゲームプログラマー学科¥2,660,000
ゲームプランナー学科¥2,660,000
ゲーム・アニメ3DCG学科¥2,660,000
キャラクターデザイン学科¥2,660,000

アミューズメントメディア総合学院は全ての学科が2年制で、ゲームクリエイターを目指せるのは上記4つです。

学費は4学科とも同じの266万円で、

関東平均である『約267万円』をギリ下回る金額です。

アミューズメントメディア総合学院の授業時間【非公開】

※【取材済】

アミューズメントメディア総合学院の授業内容は公開されてませんが、

姉妹校である『大阪アミューズメントメディア専門学校』とほぼ同じであると確認済です。

参考までに、大阪アミューズメントメディア専門学校の授業時間を載せときます。

学科名合計
ゲームプログラマー学科1,844時間
ゲームプランナー学科1,760時間
ゲーム・アニメ3DCG学科1,942時間
キャラクターデザイン学科1,770時間

授業時間を平均すると、1学科あたりの平均授業時間は、1,829時間、年間だと915時間です。

上で紹介した、日本工学院の平均授業時間(825時間)と比べた場合、90時間多いことが分かります。

アミューズメントメディア総合学院は他の専門学校と違い、無認可校なので、授業時間に規定がありません。

なので、厳密に正しい授業時間は言えませんが、おおむね間違いなです。

※アミューズメントメディア総合学院様、取材協力ありがとうございました。

アミューズメントメディア総合学院が気になる人はこちらの

アミューズメントメディア総合学院の体験説明会レポート

の記事も参考にしてください。

実際にアミューズメントメディア総合学院のオープンキャンパスへ足を運び、どんな内容だったかを取材した記事です。

3Dソフトを触る実習だったので、CG制作に興味ある人は参加してみるのもアリだと思います。

アミューズメントメディア総合学院のオープンキャンパスに申し込む

東京AMG総合学院の実績

  • アークシステム
  • カプコン
  • ゲームフリーク
  • スクウェア・エニックス
  • レベルファイブ

アミューズメントメディア総合学院からは、

『カプコン』や『レベルファイブ』、『アークシステム』や『ゲームフリーク』、『スクウェア・エニックス』等々…

多くの大手ゲーム会社への輩出実績が公開されてます。

みっつ

この他にも、多くの中小企業へ輩出してます

アミューズメントメディア総合学院の資料請求へ

【2年制オススメ③】神戸電子専門学校

神戸電子専門学校の基本情報

  • 目指せる職種…プログラマー、グラフィッカー
  • 場所…兵庫(三宮)

神戸電子専門学校は、兵庫県の三宮にある専門学校です。

神戸電子専門学校の2年制学科とその学費【236万~】

学科名合計
ゲームソフト学科¥2,440,000
3DCGアニメーション学科¥2,360,000

神戸電子専門学校は2~4年制まであるうち、2つの学科が2年制です。

プログラムを学べる学科は2~4年制までありますが、CG系は上で紹介してる『3DCGアニメーション学科』の1つしかないので注意してください。

学科別で学費が違い、ゲームソフト学科が244万円、3DCGアニメーション学科が236万円です。

関西の2年制専門学校は、平均学費が『約278万円』なので、神戸電子の学費は平均より34~42万円安いと言えます。

神戸電子専門学校の授業時間【1700時間~】

学科名合計
ゲームソフト学科1734時間
3DCGアニメーション学科1700時間

神戸電子専門学校の授業時間は、

各学科を平均すると1,714時間、年間平均は857時間となります。

上でも書いた通り、専門学校の授業時間は年間800時間あれば普通なので、

神戸電子の授業時間は、平均より57時間多いと言えます。

神戸電子専門学校の実績

  • ゲームフリーク
  • スクウェア・エニックス
  • セガゲームス セガネットワークス カンパニー
  • プラチナゲームズ
  • レベルファイブ

神戸電子専門学校からは、

『ゲームフリーク』や『スクウェア・エニックス』、『セガゲームス』や『プラチナゲームズ』などの輩出実績があります。

関西の専門学校にも関わらず、東京のゲーム会社も狙えます。

神戸電子の資料請求へ

【2年制オススメ④】大阪アミューズメントメディア専門学校

大阪アミューズメントメディア専門学校の基本情報

  • 目指せる職種…プランナー、プログラマー、グラフィッカー
  • 場所…大阪(淀川区)

大阪アミューズメントメディア専門学校は、大阪の淀川にある専門学校です。

上で紹介した、アミューズメントメディア総合学院を運営してる学校でもあります。

みっつ

専門学校を運営してる専門学校って言う、かなり珍しい学校です。

大阪AMG専門学校の2年制学科とその学費【266万円】

学科名合計
ゲームプログラマー学科¥2,660,000
ゲームプランナー学科¥2,660,000
ゲーム・アニメ3DCG学科¥2,660,000
キャラクターデザイン学科¥2,660,000

大阪アミューズメントメディア専門学校は全ての学科が2年制で、ゲームクリエイターを目指せるのは上記4つです。

学費は4学科とも同じ266万円で、関西平均である『約278万円』より12万円安いと言えます。

大阪AMG専門学校の授業時間【1760時間~】

学科名合計
ゲームプログラマー学科1,844時間
ゲームプランナー学科1,760時間
ゲーム・アニメ3DCG学科1,942時間
キャラクターデザイン学科1,770時間

上で紹介した通り、授業時間を平均すると、

1学科あたりの平均授業時間は、1,829時間、年間平均だと915時間です。

先ほど紹介した、神戸電子の平均授業時間(857時間)と比べた場合、58時間多いことが分かります。

大阪AMG専門学校の実績

  • インテリジェントシステムズ
  • カプコン
  • ケーツー
  • プラチナゲームズ

カプコンを筆頭に

インテリジェントシステムズ、ケーツー、プラチナゲームズと言った、関西の有名な開発会社へ輩出してます。

みっつ

大阪アミューズメントメディア専門学校は、ケーツーの社長さんやスタッフが講師をやってるので、その辺もオススメポイントです。

大阪アミューズメントメディア専門学校の資料請求へ

結局どの専門学校がオススメ?学費・授業時間・実績別で選ぶ

どの専門学校も良さそうだから迷うな~

結局どの専門学校学校がいいの?

そんなあなたの為に、

【学費・授業時間・実績】の3つを基準に専門学校を選んでみたので、参考にしてください。

学費で選ぶ【神戸電子専門学】

順位学校名学費(最安値)
1神戸電子専門学校236万円
2日本工学院専門学校264万5960円
3東京AMG・大阪AMG266万円

学費で専門学校を選ぶなら、神戸電子専門学校です。

今回紹介した4つの学校で、ダントツの安さを誇ってます。

同じ関西にある大阪アミューズメントメディア専門学校と比較しても、30万円安いことが分かります。

30万円あれば、ハイスぺPC1台買えるもんね!

安いうえに授業の質も申し分ないので、お求めやすさとクオリティ、両方を兼ね備えた専門学校と言えます。

ただその反面、授業時間が若干少ないので、授業以外でもしっかりと自習しましょう。

みっつ

学費重視なら神戸電子がオススメ

神戸電子の資料請求へ

授業時間で選ぶ【アミューズメントメディアグループ】

順位学校名授業時間(最大値)
1東京AMG・大阪AMG1,942時間
2神戸電子専門学1,770時間
3日本工学院専門学校1,650時間

授業時間で専門学校を選ぶなら、アミューズメントメディアグループの2校です。

なぜならば、

1学科の平均授業時間が1,829時間で、年間平均だと915時間もあるからです。

一般的に専門学校は1年間で800時間あれば普通、900時間超えてたら珍しい部類です。

2年間だと1,600時間~1,800時間ってことです。

そんな中、大阪AMGの『ゲーム・アニメ3DCG学科』では

1,942時間

一番少ない『キャラクターデザイン学科』でも

1,770時間あります。

日本工学院の1650時間と比べたら、最大292時間差があります。

1日8時間授業をするとして、その日数は36.5日分です。

専門学校によって、授業時間に1か月以上の差が出てくるんだね!

授業時間が少ないってことは、その分、自習の時間が多くなるので、逆に言えばそれがメリットでもあります。

みっつ

授業時間重視ならAMGグループがオススメ

大阪アミューズメントメディア専門学校の資料請求へ

輩出実績で選ぶ【神戸電子専門学校】

順位学校名上場企業への輩出数
1神戸電子専門学校6社
2日本工学院専門学校4社
2東京AMG総合学院4社
2大阪AMG専門学校4社

※『スクウェア・エニックスHD』見たいなホールディングスグループは除いてます。

輩出実績で専門学校を選ぶなら、神戸電子です。

なぜなら、

公開されてる輩出実績で、上場企業の名前が6社確認できたからです。

他の3校は4社確認でき、同率の順位です。

輩出実績に関しては時期が不明なので、あくまでも参考程度にしてください。

神戸電子の資料請求へ

【2年制ならココ】オススメなゲーム系専門学校まとめ

以上が2年制のオススメゲーム専門学校です。

学費の安さと、実績なら神戸電子。

授業時間の多さなら、アミューズメントメディアグループ。

スタンダードな日本工学院。

いずれも申し分ない専門学校なので、資料を取り寄せて見ることをオススメします。

みっつ

もっと詳しく知りたい人は、リンク先のレビュー記事をご覧ください。

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 都内でゲーム作ってます。