専門学校

ASOポップカルチャー専門学校の学費・評判・実績・まとめ

「ゲームクリエイターになりたくて、ASOポップカルチャー専門学校を検討してるけど、実際どう?」

「ASOポップカルチャー専門学校でゲームクリエイターになれるのかな…」

このような悩みを解決します。

 

この記事を読めば、

「ASOポップカルチャー専門学校っていい学校かも!」

と思うはずです。

私は元ゲームクリエイターで、関西の大手ゲーム会社でCGデザイナーをしてました。

今はフリーのデザイナーとして活動してます。詳しくはこちら

私の過去の経験を踏まえて、ASOポップカルチャー専門学校がどんな学校なのかを解説していきます。

■ASOポップカルチャー専門学校の基本情報

  • 目指せる職種…プログラマー、グラフィッカー
  • 初年度の費用(入学金+学費)…116万円
  • 年数…2年制・3年制・4年制
  • 場所…福岡(博多)

■ASOポップカルチャー専門学校がオススメな人

  • 人間的にも成長した人
  • 英語を扱えるプログラマーになりたい人
  • 資格や検定も取りつつ、制作に打ち込みたい人

結論は以上になります。

当てはまる人は、資料請求してみる事をオススメします。

下の方で詳しく解説してますので、よかった読み進めてください。

ASOポップカルチャー専門学校でゲームクリエイターを目指せる学科

■ゲームクリエイターを目指せる学科

  • ゲーム・CG・アニメ専攻科(4年制)…プログラマー、グラフィッカー
  • ゲーム・CG・アニメ科(3年制)…グラフィッカー
  • 漫画・イラスト・CG科(2年制)…グラフィッカー

ASOポップカルチャー専門学校では、『プログラマー』、『グラフィッカー』を目指す事が出来ます。

『プランナー』、『サウンドクリエイター』志望の方は別の学校をオススメします。

2年制~4年制まで幅広い選択肢がありますので、予算に合った年数を選び安いと思います。

ASOポップカルチャー専門学校の特徴

■ASOポップカルチャー専門学校の特徴

  • GCBプログラムで人間力を高める
  • ゲームの専攻は英語の授業がある
  • 前半は検定や資格対策、後半は実習が多くなる

ASOポップカルチャー専門学校では、『GCB』と言うASOグループ独自の授業があります。

GCBとは『グローバルシティズン・ベーシック』と言う意味で、簡単に説明すると、人への感謝を大切にして、自立した人間になろう!みたいな取り組みです。

GCBの授業は1~3段階あり、1・2年目の授業では必修の科目になってます。

 

公開されてる授業内容を見ると、モラルや礼節、マナーなどの基本的なお作法を習うような感じになってます。

みっつ
みっつ

人間教育にも力を入れてる印象です

※詳しい授業内容はこちらのPDFをご覧ください

※GCBについてはこちら

ゲーム系の学科は英語の授業がある

ASOポップカルチャー専門学校のゲーム系の学科には、1年~2年目にかけて英語の授業があります。

1年目は英検3~4級程度、2年目はTOEICレベルの文法が読める程度を習うそうです。

学習の目的は、英語のサイトを読めるようにするためと記載されてます。

みっつ
みっつ

海外のサイトにアクセスする事はよくありますからね!

将来的に海外就職を視野に入れてる人は、検討の価値アリです。

前半は検定や資格対策、後半は実習が多くなる

ASOポップカルチャー専門学校は、検定や資格対策にも力を入れてます。

ゲーム系の学科には国家資格の『基本情報技術者試験』や『CG検定』、CG系の学科には『Photoshop検定』等の対策授業があります。

CG系の学科はそこまで座学は多くないです。

しかし、ゲーム系の学科は1~2年目にかけて座学が多い印象です。

 

反対に3~4年目は実習がメインになり、ガッツリ制作させてくれそうです。

就職活動も始まってくる年ですので、在学後半戦は制作に集中する事をオススメします。

ASOポップカルチャー専門学校の学費

■ASOポップカルチャー専門学校の初年度学費

  • 初年度学費(入学金+学費)…116万円
  • 2年目以降…104万円

ASOポップカルチャー専門学校の学費は、本州の専門学校と比べたら、安いです。

九州全体の専門学校でみたら、平均的な学費と言えます。

 

東京の専門学校なら初年度学費で150万円とか行きますので、そこと比べたら40万円ほどお得です。

ASOポップカルチャー専門学校の評判

ASOポップカルチャー在校生

業界経験がある先生が多く、ゲームやアニメなどの業界から来た現場経験のある先生ばかりです。

出典:YouTube動画より

ASOポップカルチャー専門学校の公式HPによると、『カプコン』や『フロム・ソフトウェア』など本州のゲーム会社への輩出実績があります。

また『サイバーコネクトツー』と言った、福岡のゲーム会社への輩出実績も見られます。

内定者などの情報は、記載されてませんでした。

ASOポップカルチャー専門学校がオススメな人

■ASOポップカルチャー専門学校がオススメな人

  • 人間的にも成長した人
  • 英語を扱えるプログラマーになりたい人
  • 資格や検定も取りつつ、制作に打ち込みたい人

ASOポップカルチャー専門学校は、学園独自のGCBプログラムがありますので、人として成長したい人にオススメです。

また英語の授業もある事から、将来的に英語を扱えるプログラマーになりたい人にもオススメです。

そして、検定や資格取得の対策授業もありますので、検定や資格を取りつつ作品も作りたい人にもオススメです。

 

ASOポップカルチャー専門学校が気になる人は、ビデオ通話で話を聞いてみるのもいいと思います。

ビデオ通話はちょっと…と言う人は、資料を見てから検討しても良いかもしれません。

みっつ
みっつ

下のボタンから資料請求できますので、よろしければご活用ください!

 


 

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。