専門学校

HAL・特徴・学費・評判まとめ

「ゲームクリエイターになりたくてHALを検討してるけど、実際どう?」

「ゲームクリエイターになれるのかな…」

 

このような悩みを解決します。

この記事を読めば、

「HALってそんな学校なんだ!」

となるはずです。

私は元ゲームクリエイターで、関西の大手ゲーム会社でCGデザイナーをしてました。

今はフリーのデザイナーとして活動してます。詳しくはこちら

私の過去の経験を踏まえて、HALがどんな学校なのかを解説していきます。

■HAL東京の基本情報

  • 目指せる職種…プランナー、プログラマー、グラフィッカー、サウンドクリエイター
  • 初年度の費用(入学金+学費)…167万円
  • 年数…2年制・4年制
  • 場所…新宿

■HAL東京がオススメな人

  • 大手ゲーム会社志望の人
  • 卒業までの学費、約600万円を払える人

とりあえず結論です。

上に当てはまってるなら、HALを検討する価値はあります。

HAL(4年制)でゲームクリエイターを目指せる学科

  • ゲームデザインコース(グラフィッカー)
  • ゲーム企画コース(プランナー)
  • ゲーム制作コース(プログラマー)
  • CG映像コース(グラフィッカー)
  • アニメ・イラストコース(グラフィッカー)
  • ミュージック学科(サウンドクリエイター)

HAL東京では、『ゲームプランナー』、『ゲームグラフィッカー』、『ゲームプログラマー』、『サウンドクリエイター』のゲームクリエイターが目指せます。

アニメ・イラストコースは、ゲームグラフィッカーとちょっと離れた分野ですが、『グラフィッカー』の中で、『アニメーター』の職種を目指すことが可能と考えます。

また、Nintendo Switchやニンテンドー3DSなどの開発機材を用意し、プロ同様の制作環境でゲーム開発ができるそうです。

HAL(4年制)の特徴

  • 幅広いジャンルからゲームクリエイターが目指せる
  • コンテスト実績がすごい
  • 企業とのパイプが太い

HAL東京は他の専門学校より、ゲームクリエイターをめざせる学科数が多い事が特徴です。

3つあるゲーム系の学科に加えて、アニメやCG系の学科でもゲームクリエイターを目指せます。

 

そして4年制という長い学習時間なので、習得できるスキルの多さも魅力的です。

コンテスト実績がすごい

HALはコンテストの獲得実績が多いのも特徴です。

2020年のコンテスト実績を見ても、すでに多くの賞を獲得してる事が分かります。

■2020年直近のコンテスト結果

  • 日本ゲーム大賞2019:大賞
  • 『ゲームアイデアコンテスト2019』:グランプリ
  • 福岡のGFFアワード:最優秀賞
  • 第17回全国理美容学校「kawaii」選手権大会』:最優秀賞
  • 2019アジアデジタルアート大賞展FUKUOK:優秀賞

ゲーム系コンテストでだけで、多くの賞を獲得してる事が分かります。

しかも大賞やグランプリなど、だいたいのコンテストで1位を獲得してるのもすごいですね。

 

ゲーム系のコンテストだけに留まらず、イラストやグラフィックと言ったデザイン系のコンテストでも、優秀な成績を獲得してます。

みっつ
みっつ

ゲーム大賞では過去8回も大賞とってるんだって!

企業とのパイプが太い

HALは、生徒と企業が連携して作品をつくる『産学直結ケーススタディ』というカリキュラムが存在します。

これは企業と学生がタッグを組み、制作をしていくものです。

■過去の連携企業

  • DMM GAMES
  • 株式会社コアエッジ
  • 株式会社ディー・オー

作ったゲームをプロが評価したり、学生のキャラクターデザインがゲームに採用されたり、ゲーム音楽を学生が作ったりしたそうです。

他の学科ではアーティストのMVを作ったり、ジャケットデザインをしたり、CMを作ったり、webサービスを作ったり等々…

このように企業と連携して、何かを作れる学校はそう多くないと思います。

みっつ
みっつ

企業と一緒に作品つくれるって羨ましいですね!

HAL(4年制)の学費

  • 入学金30万円
  • 学費137万円
  • 初年度合計167万円

HALの学費は、他の専門学校と比較しても高い方です。

4年間でかかる総額は、30万+(137万円×4年)=578万円になります。

 

学費面をクリアできるなら、検討の余地アリです。

HAL(4年制)の実績

内定先:株式会社カプコン

職種:アニメーター

アニメ・イラスト学科青木 起平 2020年3月卒業予定

大学生の時、就活でゲーム業界の選考に落ち、再進学を決めました。

通常授業以外にも専門科目や他学科の授業を受けられたので、幅広い知識が身につき、大きな強みになりました。


内定先:株式会社カプコン

職種:ゲームプログラマー

ゲーム4年制学科 ゲーム制作コース坪井 精広 2020年3月卒業予定

第1志望の企業に内定をいただき、本当にうれしいです。

1ヵ月間のインターンシップでは、プロの現場を肌で感じ、技術面・精神面で大きく成長できたと思います。

同企業の内定者

他38名

出典:HAL公式HP

2019年度の内定者情報です。

インタビューされてるのは2名ですが、『同企業の内定者:他38名』と記載されてます。

ひとつの学校から、カプコンへ38人も輩出してる学校はHALくらいじゃないでしょうか。

 

他にも妖怪ウォッチでお馴染みの『レベルファイブ』や、ダークソウルの開発をしてる『フロムソフトウェア』等の有名企業への実績も見れます。

 

就職ならHAL”という言葉は、あながち間違ってないかもしれません。

HAL(4年制)にオススメな人

■HALにオススメな人

  • 大手ゲーム会社志望の人
  • 卒業までの学費、約600万円を払える人

HALは有名企業への輩出や、企業と連携したカリキュラムがあるなど、魅力的な学校に思えます。

ただ一点だけ。

他の専門学校と比較し、学費が高いというのも事実です。

同じ関西の『神戸電子』は初年度学費132万円なので、その差は35万円です。

 

この学費問題をクリアできる人、そして大手ゲーム会社でゲームクリエイターになりたい人。

そんな人は、HALへの入学を検討しても良いかもしれません。

HALまとめ

■HALまとめ

  • 幅広いジャンルからゲームクリエイターが目指せる
  • コンテスト実績がすごい
  • 企業とのパイプが太い
  • 学費は高い

以上がHALのまとめになります。

 

ゲーム系3学科にグラフィック系2学科、そしてサウンド1学科。

幅広いジャンルでゲームクリエイターを目指せて、優秀なコンテストの実績と大手企業との太いパイプ。

魅力的な反面、学費の高さがネックになる学校です。

 

もちろん入学したからと言って、努力なしにゲームクリエイターにはなれません。

しかし、この環境で努力できる人は、将来ゲームクリエイターになれるかもしれません。

 

HALが気になる人は、オンライン説明会で話を聞くのもアリです。

みっつ
みっつ

説明会はちょっと…という人は資料を見てから検討してもいいと思います。

下のボタンから資料請求できますので、ぜひご活用ください。

 

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。