CG系

CGWORLD 2021年5月号のグラフェス特集を読んだ感想

こんにちわ!兼業クリエイターのみっつです。

今回はCGWORLD 2021年5月号に特集されてる、『グランブルーファンタジーフェス』、通称『グラフェス』の記事を読んだんで、感想を書いていきます。

グラフェスはグランブルーファンタジーっていうソシャゲの、リアルイベントのことです。

その中でも、グラブルに出てくるキャラクターが歌ったり踊ったりする、『SPECIAL CHARACTER LIVE』という演目があります。

グラフェス-001

今回のCGWORLD 2021年5月号では、そこに使われてるCG技術が特集されてました。

ライブはCygamesさんを含めて3社が関わっています。

■SPECIAL CHARACTER LIVEの関係企業

上記3社が協力し、ゲームのキャラを現実世界に召喚してます(笑)

専門用語が多分に含まれてるので、CG初心者にはちょっと難しい内容かと思います…。

意味ワカンネって人はスルーしてください。

歌唱パートとMCパートでアクターが違う

ライブ中の歌唱パートとMCパートでは、中の人(アクター)は違うらしいです。

なんなら、声優も別。

アクターと声優が別々で、一つのキャラを動かしてる。

しかも表情と指をつける人も別でいる。

まぁ要は、

  • アクター
  • 声優
  • 表情&指

って感じで、一つのキャラを動かすのに、3つの担当に分かれてる。

って、スゴイっすね…。

言うは易く行うは難し、ですよ。

困難は分割せよ

って、昔の哲学者が言ったとか言わないとか…。

一つのシステムで無理なら、担当を分ければいいじゃないか

っていう、中々にぶっ飛んだ発想だと思います。

でも、それができちゃうのが3Dモデル、CGのいいところですよね。

現実世界の考え方に捕らわれてたら、絶対思いつ来ませんわ。

リターゲット時のモーション補正ツール

このツールの正体も気になります。

一体どういう仕組で正確なリターゲットが出来てるんですかね。

しかも、リアルタイムで補正が可能って書いてありますが…。

ライブ中にも角度が変えれるんですかね?

気になります〜〜

ボディとフェイシャルでモーション担当が違う

■アニメーションの担当

  • ボディ:Cygames
  • フェイシャル:フライユニット

3D制作でCygamesが関わってるのは、主にここ(歌唱パート)のモーションのみらしいです。

データ統合のワークフローも洗練されてる印象です。

昔は、

  1. ボディとフェイシャルのデータをMayaで統合
  2. Unityに持っていく

ってやってたらしいですが、

今は、

  1. ボディ、フェイシャルそれぞれをUnityで統合

っていう、1工程でやっちゃってるそうです。

理屈上は可能ですが、もしも不具合があると、、、

ってのもあるから、ちょっと怖いなって気もしますね。

まぁこの辺は、バグの起こらない仕組みを構築して上手くやってるだと思います。

指のボーンは4つ入ってる

CGで指の骨を入れるときって、3つで済ませる事もあります。

  • 基節骨(指の付け根)
  • 中節骨(指の真ん中)
  • 末節骨(指の先端)

だけど今回の『アオイドス』ってキャラは、手のひら部分(中指骨)のボーンも入れて、合計4つで構成してるそうです。

指を閉じたり開いたりするシンプルな動きなら、関節部分の骨がアレば可能です。

しかし、ギターのネックを掴むみたいな、より細かい表情を出すには、やはり骨数を増やすしかないですよね。

親指とかは特に可動域が広いから、最低4つは欲しいな〜って思います。

ニンジャラ』ってゲームのキャラは、指に骨を入れないっていう、大胆なことをやってます。

指の骨どうする問題ってのは、ケースバイケースなんかな〜って思いますね。

表情はモーフとボーンのハイブリット型

表情はモーフターゲットとボーン駆動のハイブリットで付けてるらしい。

  • ベース
  • 笑い
  • 怒り
  • 悲しみ
  • 驚き

っていうパターンを作り、口パク用に『あ〜お』の口の形。

後は特殊パターン。

眉・目・顔でパーツを分けてる

モーフのブレンドをやりやすくするためなのか、1つの表情を作るのに、顔のパーツを3つに分けてる。

例えば、

  • 笑顔_眉毛
  • 笑顔_目
  • 笑顔_口

って感じで分けて作ったら、

笑顔の目+怒りの口

みたいな感じで、ブレンドが出来る、だからパーツを分けてる

ってことなんでしょかね?

まぁ確かに、決め打ちでそれぞれのパーツを作るより、パーツごとに分かれてた方が扱いやすいかもですね

そうした方が、表現の幅も広がると思います。

長いので一旦区切ります。

気になる人はCGWORLD 2021年5月号を買ってみて下さい!!

ゲーム業界やCG業界に興味はありませんか?

  • ゲームや映画のCGを作りたい!
  • ゲーム制作に関わりたい!

そんな夢をお持ちのあなたッ!

下記の記事を参考にして下さい。

何かしらのお役に立てると幸いです。

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。