その他

【AfterEffects】チュートリアル日記【備忘録007】

本日のチュートリアル

成果物

https://youtu.be/y05YpIv7tSc

マスクとトラックマットでデザイン性の高いワイプを作る

平面レイヤに、マスク、トラックマットを組み合わせることで、デザイン性の高いワイプを作る事が出来ます。

コンポジション説明

構造はシンプル。

横に長い平面レイヤを作り、マスクでカット。画像のような感じにします。

ここでのマスクの切り口が、ワイプのデザインになります。

ワイプで出てくる動画素材を用意し、先ほど作った平面レイヤの下に置きます。

そして、トラックマットを、『アルファマット』に変更。

すると、平面レイヤで覆われていた場所が透けて、下の素材が出てきます。

後はマスクの切り口に合わせたシェイプを作り、デザインを加えていきます。

アニメーションのさせ方は色々あるので、Null使うなり、親子付けするなり、やりたいようにやってください。

 

ワイプの切り口を変更すれば、デザイン性の高いワイプを作る事ができます。

方向も360度自由自在なので、かなり汎用性が高いですね!

所感

シンプル、だからこそ使いやすい。そんなワイプ表現でした。

トラックマットは場面転換や部分的表示に優れた機能で、研究のしがいがありますね。

 

 

 

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。