オピニオン

【初心者はコレ】webエンジニアに必要なスキル3選

こんな風に悩んでませんか?

プログラミングスキルを身に付けて、web業界に転職したいなぁ…

でも、なんのスキルが必要が分からない…

このような人に向けて記事を書いていきます。

みっつ

こんにちわ、みっつです!

私は現在、CGクリエイターをしながらブログを書いてる兼業クリエイターです。

今はweb制作のスキルを学習し、webサービスを作ろうと奮闘してます。

webサービスの作り方を調べてたら、

こんなスキルがあれば、web業界に転職できるな~

っていうことが分かってきました。

今回は私が調べた、

web業界(フロントエンド)に求められるスキル

をまとめました。

全部のスキルは調べきれてないので、

初心者のファーストステップはこれ!

ってスキルに絞ってます。

私は非エンジニアなので、あんまり鵜呑みにせず、

「へぇーweb業界(フロントエンド)にはこんなスキルが必要なんだな~」

程度に見ていってください。

web業界、その中でも、フロントエンドを目指す方の参考になれば幸いです。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル
  • HTML/CSS/JavaScriputを扱えるようにする
  • バージョン管理が出来るようにする
  • GitHubを更新してポートフォリオを充実させる

以上が結論です。

まずは3つの言語と、バージョン管理って概念の理解。

フロントエンドのファーストステップは、これだと思います。

下の方で詳しく解説してるので、よかったら読み進めてください。

フロントエンドエンジニアとは?【webの見た目を作る人】

フロントエンドエンジニアとは、webページの見た目を作る人です。

  • 企業のHPやLP(ランディングページ)
  • 今見ているこんなブログ
  • Trello(トレロ)みたなwebブラウザで動かすアプリ

などなど…

ザックリいうとこんな感じです。

「web上の見える部分を作ってるんだな~」

くらいの認識でOKだと思います。

【スキル編】フロントエンドエンジニアが覚える言語【HTML/CSS/JavaScript】

フロントエンドエンジニアが覚える言語は、結構多いです。

その中でも、私がたどり着いた、

初心者はまずはこれをやれ!

っていう言語を3つ紹介します。

初心者が覚えるべき言語
  • HTML
  • CSS
  • JavaScriput

以上の3つです。

これらの言語が習得必須かなって思いました。

まずは基礎固め。応用はその後からやる

CSSやJavaScriputには、色んな派生形や進化系?とも呼べる言語があります。

SassやらTypeScriptやら、、、。

確かにこいつらを習得すれば、より簡単にコードが書けると思います。

でもそれって、初心者には早くね?

って言うのが正直な感想です。

だって、HTMLのタグ付けも分からない人が、

「今どきCSSやJavaScriputを直書きしてる人なんていね~よ」

「現場ではもっとモダンなスキルが使われてるんだぜ(キリッ)」

って言われてもね…

何がどう便利になったかを理解できてないのに、

それの発展系を学んでも、あんまり恩恵を感じれない気がします。

変な派生言語を覚えるより、まずは基礎を理解して、応用を学ぶ。

私はこの学習方法が好きですね。

【スキル編】フロントエンドエンジニアはバージョン管理ソフトも必須

バージョン管理っていうのは

誰がいつどんな変更をしたのか、、、

ってのを管理することです。

複数人で何かを作るときは、役割を分担して作ると思います。

例えば、、、

  • Aさんはこのページ
  • Bさんはこのページ
  • Cさんはこのページのここの部分…

みたいな感じです。

そして最後に作ったやつを合体させて、1つの成果物にします。

この時に使うのが、『バージョン管理ソフト』ってことです。

まぁ要は、

「チーム開発ではバージョン管理ソフトが大事なんだな~」

くらいの認識で問題ないと思います。

ゲーム開発の現場でもバージョン管理ソフトを使ってる

私はゲーム開発の現場でCG作ってますが、

SVNってソフトでバージョン管理してます。

CGのデータも複数人で扱うんで、常に最新モデルで作業してないと、

このデータ古いやん!!

あの時の修正が反映されてない…

やり直し…

ってことになりかねません。

このようなヒューマンエラーを避けるためにも、バージョン管理ソフトの習得は必須です。

バージョン管理方法の代表例

  • git
  • GitHub
  • sourceTree

以上がwebの現場で使われてるソース管理ソフトです。

詳しい違いは、スイマセン。私もよく分かってないです。

だけど、どれかを使ってバージョン管理してるのは間違いないです。

なので、最低1つは習得するべきやな

ってのが、私の結論です。

みっつ

とりあえず今はGitHubを習得中ですね。

GitHubはポートフォリオになる

GitHubはweb上に自分が書いたコードをアップできます。

そしてアップしたら、その日の日付が緑に塗られます。

こちらの画像は、私のGitHubの画面です。

右側にポツポツと緑のマークがありますよね?

これがGitHubを更新した証(あかし)です。

右側が最新の日付なので、GitHubを更新し続ければ、右側からだんだんと緑に塗られるってことになります。

web上にコードがアップできて、尚且つその履歴が残る…。

この特性を利用すれば、

GitHubuはポートフォリオ替わりになるって思います。

GitHubがポートフォリオになる理由①コーディングのスキルが分かる

企業側が一番知りたいのは、

どの程度のスキルがあるか

ってことです。

GitHubにアップすれば、全世界にコードを公開できます。

就活の際は企業にGitHubのアカウントを教えて、

スキルを判断してもう

ってのが、一番ベターな方法かなって思ってます。

まぁエンジニア志望なら習得必須でしょうね。

GitHubがポートフォリオになる理由②やる気が分かる

GitHubにコードをアップすると、更新履歴が残ります。

アップされた日付に緑のマークが付き、アップされなかったら白いままです。

更新しまくったら緑でいっぱいになるし、全く更新してなかったら、真っ白のままです。

エンジニア志望です!

って就活やってる人のGitHubが、真っ白ってことはないでしょう(笑)

まぁつまり、

  • やる気のない人は、真っ白のまま。
  • やる気のある人は、緑でいっぱい。

こういうことです。

スキルだけじゃなく、継続力をアピールすることで将来性に期待してもらえる。

結果、採用される可能性が上がる。

と、私は考えてます。

緑を絶やさないように、なるべく継続してアップしてたいものです。

まとめ:フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアに必要なスキル
  • HTML/CSS/JavaScriputを扱えるようにする
  • バージョン管理が出来るようにする
  • GitHubを更新してポートフォリオを充実させる

以上がフロントエンドエンジニアに必要なスキルです。

HTML・CSS・JavaScript。

まずはこいつらを習得し、何らかのwebサービスを作る。

これがフロントエンドを目指す人のファーストステップかな~

って私は思いました。

フロントエンドを目指す人のお役に立てたら嬉しいです。

プログラミングを学ぶ理由を改めて考えよう

最近のトレンドで、

  • 未経験からプログラマー/エンジニアになる!!!
  • たった3カ月でキミもプログラマーだ!!

みたいな広告が乱立してますよね。

確かにプログラミングは、儲かるスキルだと思います。

でも、

プログラミングを習得した先に何がしたいのか、、、。

その辺を曖昧にしたまま、とりあえずプログラミング~

ってのはちょっと考えモノです。

目的の無い行動は、いつか詰みます。

そうなった人達を専門学校時代に見てきました。

だからこの記事を読んでる、エンジニア志望のあなた。

今一度、エンジニアを目指す理由、考えてみてはどうでしょうか?

私がフロントエンドエンジニアを目指す理由

私は今、webサービスを作りたいって気持ちでスキルを勉強中です…

ウソです(笑)

本当はweb業界への転職を考えてます。

理由はシンプルに

『お金が流れる業界

だからです。

要は、今より稼ぎたいんですよね。

ですが、

web開発企業に”就職”するのが目的ではありません。

”web開発でお金を稼ぐ”が本来の目的です。

なのでぶっちゃけ、

転職できたらする、くらいの温度感ですね。

転職した方が稼げるなら、そっちに行くし、

個人開発で稼げるなら、ぶっちゃけそっちでも良いかな?って感じです。

まぁそれを考えるのは、スキルが付いてからでも遅くないです。

とにかく私は、

稼ぐためにエンジニアなります。

今回はその決意表明も込めて、こんな記事を書きました。

とりあえずは、何らかのwebサービスを作ります。

話はそれからですね。

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。