オピニオン

ミニマリストな生活はストレス無くなるんでおすすめって話

2021年いらないモノが9割になる』って本を読んだんで、感想を書いていきます。


2021年いらないモノが9割になる

■本の概要

【時間・お金・思考】

これらの観点から、

ミニマリストで生きることの良さ

ってのが書かれてました。

私自身も、いわゆるミニマリストって部類なので、読んでる最中は共感の嵐でした。

最近ストレス溜まってるな〜って人は、この本読んで、

「ミニマリストもいいかもなぁ」

って思ってくれたら幸いです。

私がミニマリストを知ったきっかけ

ミニマリストって言葉を最初に聞いたのは、2018年頃だったかなぁ。

ニュースでミニマリストが特集されてるのを見て、

「えぇ!部屋に何も無いじゃん!」

って感想を抱いたのを覚えてますね。

私は汚部屋の住人でした

私が当時住んでた家は、アーティストのCDやDVD・BDのコレクション、床には漫画雑誌で溢れてて、ミニマリストって人種とは、およそかけ離れた生活をしていました。

まぁいわゆる、汚部屋(おべや)ってやつです…。

そんな私にとって、ミニマリストが取り上げられてたニュースは、かなり衝撃的だったんですよね。

その動画では、

「都会はノイズが多すぎる」って言ってました。

この言葉、田舎出身の私にとって、妙に納得感があったんですよね。

街に出るたびに、

  • 人混みうぜー
  • 車多すぎ
  • 自転車危なすぎ
  • 建物高すぎ
  • 空小さすぎ

ってな感じで、日々の生活がストレスで溢れてました生活してました。

今思い返すと、かなり荒んでますね…。

所有はリスク

『所有はリスク』っていう言葉が、ホリエモンの『捨て本』って本に書いてあります。

私はこの本に共感し、家にあったものを処分しました。

  • 壁一面に飾ってあったCDやDVD・BD
  • ライブで集めたグッズやポスター
  • 贔屓のアーティストが載ってる音楽雑誌
  • 着なくなった洋服
  • 読まない漫画
  • 使わなくなったガジェット

etc…

本当にあらゆるものを捨てましたね。

部屋がキレイになって思ったこと【快感の一言】

何もない空間はスゲー心地よかったです。

「あぁ〜スッキリした〜」

「気持ちいい〜〜」

ってな感じ。

物がなくなって、引っ越しするのも楽ちんです。

荷物は小さいダンボールとリュックに入る分だけですからね。

身軽になったんで、東京だろうが沖縄だろうが、フットワーク軽く動けます。

モノを所有してたら、こんなふうには生活出来ないですよね。

みっつ

自由を捨てる代わりにモノを持つ。

まさに、『所有はリスク』

私はそう感じます。

ミニマリストは現代に合ったしたライフスタイル

ミニマリスト、シンプルライフ。

情報が溢れてる現代には、いい生活様式かな?って思います。

  • ストレスが溜まってる人
  • イライラしてる人
  • なんかモヤモヤしてる人

でも、何をやって良いか分からない人

こういう人たちに足りないのは、『自分と向きあう時間』じゃないかなって思います。

物が溢れてる空間だと、それが思考の妨げになり、良質なアイディアは生まれにくい。

だからまずは、

  • 部屋を片付ける
  • モノを減らす

そうやって空間を整理してキレイな部屋になれば、自ずと頭の中も整理されると思いますよ。

良い空間だからこそ、良い考えが浮かぶ。

iPhoneやFacebookが生まれたのも、そんな背景があるんじゃないですかね?

なんて、そんなふうに感じた1冊でした。

ストレスで溢れる現代社会、そんな世の中に嫌気が差してる。

そんな人は、ぜひこの本、読んでみて下さい。

何かの参考になると思います。

今ならKindle Unlimited無料なので、めっちゃお得ですよ!


2021年いらないモノが9割になる
ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。