専門学校の体験談

【就職に不要?】ゲーム系専門学校に資格対策の授業はいらないと思う話

こんな風に悩んでませんか?

「専門学校が出す、資格取得率って重要?」

「ゲームクリエイターになるために、資格って必要なのかな?」

このような悩みを解決します。

この記事を読めば

「資格よりも大事な事があるんだ!」

って気持ちになります。

みっつ

私は現在、渋谷のゲーム会社でCGクリエイターをしています。

私は4年制の専門学校に通ってましたが、1年目は国家資格(情報技術者試験)の対策授業がありました。

私の詳しいプロフィールはこちら

この記事の結論
  • ゲームクリエイターに資格は必須じゃない
  • 資格よりスキルの習得
  • ポートフォリオの質が重要
  • でも、知識は必要

会社でゲーム作ってて思うんですが、正直な話、ゲーム作りに資格っていらないですよ。

下の方で解説してますので、よかったら読み進めてください。

ゲーム系専門学校で資格対策の授業がいらないと思う理由

  • そもそも企業の募集要項に書いてない
  • 履歴書の美しさよりポートフォリオの中身
  • 短い在籍期間ならスキルに直結する授業を優先すべき
  • 【番外編】業界30年のベテラン上司が言っていた

以上が私が思う、ゲーム系専門学校に資格対策の授業がいらないと思う理由です。

順番に解説していきます。

そもそもゲーム会社の募集要項に書いてない

【必須条件】

●Mayaなどの3DCGソフトウェアを用いてのゲームや映像作品の背景制作経験

●HD世代以降のハード環境での開発経験

上の画像は、任天堂が中途採用者に求める必須条件です。

CGソフトでの制作経験や、最近のハード(switchとかPS4とか)での開発経験が必須と書かれてます。

しかし、国家資格や○○検定なんて文字は、一言も書いてないです。

これを見ても分かるように、ゲームを開発する人間に、国家資格はおろか、○○検定なんてものは不要である事がわかります。

日本でトップのゲーム会社が、応募条件に掲げてないんですから、他のゲーム会社さんも同じだと思います。

ゲーム会社は履歴書の美しさよりポートフォリオの中身が重要

ゲーム会社の募集要項を見ても分かるように、大事なのは履歴書の美しさではありません。

資格より重要なのは、ポートフォリオ(作品集)の中身です。

どんなに素晴らしい国家資格を持っていようが、ポートフォリオに低クオリティな作品が並んでたら、採用なんてまずあり得ません。

逆に資格なんて何も持ってなくても、ポートフォリオの中身が素晴らしかったら問題なしです。

そういう人は1次面接2次面接なんてすっ飛ばして、いきなり最終面接に呼ばれるでしょう。

クリエイターに求められるのは、資格欄が埋まった履歴書じゃありません。

あなたのやりたい事・できる事が詰まったポートフォリオの方が重要です。

専門学校の在籍期間が短いならスキルに直結する授業をすべき

「あれも大事、これも大事と、大事なものがたくさんあり過ぎて、講師も学生も、一番大事なものが見えなくなっているように思います。

2年間という限られた時間のなかで、本当に学ぶべきものは何なのか、何に時間を使うべきなのか、それを見極めて余計なものをそぎ落とし、さらに洗練されたカリキュラムの構築を目指していきたいです」。

出典:CGworld-連載 先生に聞く。第5回:住岡義和先生(モックス)

上の言葉はCG制作会社の社長で、専門学校の非常勤講師も勤める方の意見です。

この方の意見には私も同意で、専門学校側はもっと時間の使い方を考えるべきだと思います。

2年や3年という短い期間しかないのに、スキルに関係ない授業やってどうするんですか?って話です。

(4年制なら巻き返す時間があるので、問題ないと思いますが…)

2年制の学校なのに1年を資格対策に使ってたら、作品つくる時間ないじゃないですか。

そんな授業させられて、生徒たちが可哀そうです(´;ω;`)

そんな授業を受けるとはつゆ知らず、学校側の口車に乗せられて入学しちゃうんですから…

なので学校のHPに、

『色んな資格が取れる!』

なんて書いてあったら要注意ですよ!!

【番外編】ゲーム業界20年以上のベテラン上司が言っていたから

前の会社の上司も、”クリエイターに資格はいらない”って言ってました。

資格の勉強なんてしてる時間があるんなら、作品つくらせろよな~

ですって(笑)

ドットの時代からゲーム作ってるベテランが言ってるんですから、

資格ってマジでいらないなって思います。

資格はいらないけど知識は必要

ここまで散々資格をバカにしておいてアレですが、最低限の知識は必要です。

例えば、

  • ネットが繋がる仕組み
  • パソコンが動く仕組み
  • IT系の専門用語

とか…

パソコンを使って仕事をするなら、うす~くでもいいので理解してる方がいいです。

てか、知らないと普通に困ります。

例えばパソコンを買うときに

  • CPUってなんだ?
  • グラフィックボードって何?
  • メモリ8GB?
  • すとれーじ??

こんな感じで何も知らなかったら、ヤバいですよ。

無知に付け込まれて高額商品を買わされる場合もあります。

自分の不利益を防止するためにも、最低限の知識はあった方がいいです。

みっつ

無知は搾取される世の中。

知識武装は大事です。

知識は必要。でも授業でやらんでもよくない?

しかしそんな知識は授業で習わなくても、自然と身に付くものです。

というか、

知らないとヤバい事は自分で調べます

なのでいちいち

「私、ITに広い見識があるのよ(ドヤァ)」

みたいに威張るためだけの資格なんて、いらないです。

資格を持ってる事より、そこで得た知識をどう使うか

って方がよっぽど重要だと思います。

【まとめ】ゲーム系の専門学校では資格より優先する事がある

今回のまとめ
  • ゲームクリエイターに資格は必須じゃない
  • 資格よりスキルの習得
  • ポートフォリオの質が何よりも大事
  • でも、知識は必要

以上が今回のまとめです。

ゲームクリエイターに資格は必須じゃありません。

もちろんこれは会社によって変わるかもしれないので、一概には言えないです。

しかし、少なくとも任天堂の募集要項には、国家資格や○○検定という文字がない事も事実です。

資格よりも、スキルの習熟度や開発経験の有無を問われてます。

それらを証明するには、

作品をつくり、ポートフォリオ(作品集)を充実させる必要があります。

なので学生時代は資格の勉強をほどほどにして、制作時間を確保すべきです。

もちろん、資格が全て無駄だとは言いません。

そこで習う知識は必要だと理解してます。

ただ、わざわざ資格として証明する必要はないと思います。

この記事があなたの専門学校選びに貢献できたのなら、幸いです。

変な学校に進学しないでください。

専門学校ってどれを選べばいいか分からない!

って人はこちらの

【2年制ならココ】ゲーム系専門学校まとめ【オススメです】

で私がおすすめする専門学校を載せてるで、専門学校選びに迷ってる人は参考にしてください。

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。