CG系

CGWORLD2020年12月号から読み解くモデラーに求められるスキル

Q.あなたはこんな風に悩んでませんか?

  • ゲームや映画のようなキャラを作りたいな…
  • フィギュアでかわいい/カッコいいキャラを作ってみたいな…
  • モデラーって仕事に興味がある!!

でも、モデラーってどんな仕事かよくわからないし、どうやったらなれるかも分からない…

モデラーについて詳しく知りたいなぁ

このような

モデラーって仕事に興味はあるんだけど、モデラーになるための具体的なアクションプランが分からない

といった悩みを解決いたします。

 

※今回の記事はこちらの『CGWORLD (シージーワールド) 2020年 12月号 vol.268 』に特集されてる『CGWORLDリサーチ-Vol13-CGモデラーの求人』の内容を元に構成してます。

2020年に現役で働くCGモデラーを対象に行ったアンケートで、モデラーに関する様々な実態調査がされてます

CGモデラーの年収、関わってるCG案件、CGモデラー求められるスキル等々…

このアンケート調査を元に

モデラーに求められるスキルを分析し、モデラーになるにはどうすればよいのかを解説していきます。

モデラーの実態を知り、モデラーになる方法の参考になれば幸いです。

■私のプロフィール

専門学校を出て関西のゲーム会社に新卒入社。今は渋谷でモバイルゲームのCG制作に関わってます。

私の専門はセットアップやリグ、アニメーションですが、学生時代はモデリングも経験済みです。

今回はその辺の知識を元に記事を書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

【CGWORLD参考】モデラーに求められるスキルTOP5

    1位 デザインスキル 52人
    2位 UnityやUE4など、ゲームエンジンの習得 35人
    3位 リギング、モーションなど後工程の経験と知識 32人
    4位 ディレクションスキル 20人
    5位 チームマネジメント 9人

    CGWORLDが行った調査によると、現役CGモデラーに求められるスキルTOP5は以上の通りです。

    近年ではゲーム業界だけでなく、映像業界でもゲームエンジンを用いた表現が主流になりつつあり、モデラーといえどもゲームエンジンの習得を望む声が多いようです。

     

    今回はこのアンケート調査で1位を取った、『デザインスキル』について深堀りしていこうと思います。

    【モデラーになる方法】初心者は観察力を鍛えよう!【デッサンが重要】

    モデラーに求められるデザインスキルって何のこと?

    CG業界に詳しくない人は、きっとこのような疑問を抱くと思います。

    『デザイン』って言葉は人によって解釈が異なるので、ここでは私が思うモデラーにとって必要なデザインスキルについて書いていきます。

    私が考えるモデラーに必要なデザインスキルは、

    • 観察力
    • 造形力
    • 解剖学(筋肉や骨格)の理解
    • MayaやPhotoshop等のデジタルツールを扱うスキル

    以上の4つがあると考えます。

    この中でも最も重要な力は、観察力(デッサン)です。

    これは現役で働くフリーランスCGモデラー、鬼木さんも同じことを言ってます。

    ※参考動画:【真実】デッサンをやるべき3つの理由

    初心者の方は意外に思うかもしれませんが、CGソフトを扱えることはさほど重要じゃありません。

    もちろんMayaやPhotoshopのようなデジタルツールを使えることも大事ですが、それ以上にデッサンや粘度(スカルプト)のようなアナログの力が重要です。

    なぜならば、

    モデラーの仕事は”見たものを正確にアウトプットすること”だからです

     

    「こんな風なデザインで作ってください」と資料を渡されて、それを正確にCGで作り上げる。

    「顔はこんな感じ、衣装はこれを参考にしてね、武器はこのデザインを元に作ってください」

    こんな感じで仕事を頼まれることもあるでしょう。

    つまるところモデラーと言うのは、いかに相手の意思を形にできるかって力が問われます。

    この力の大部分を占めるのが観察力や造形力といったアナログの力です。

    そのアナログの力がベースにあることで、CGソフトの性能を何倍にも引き上げることができます。

    逆に言えばCGソフトだけを使えても、あまり意味はありません。

    それを使って良いものが作れるかどうかは、使い手の能力次第です。

    なので、これからモデラーになりたい!って人はまず初めに観察力を磨くことをおすすめします。

    【デジタル?アナログ?】行きたい業界別おすすめ進路【専門or大学】

    モデラーに求められるスキルは分かったけど、そのスキルはどうやって身に付けたらいいの?

    こんな疑問がでてきますよね。

    ここからは、あなたが行きたい業界別で進路を考えていきます。

    ■モデラーの業界別おすすめ進路

    • ゲーム・映像業界のCGモデラー…専門学校
    • フィギュアや彫刻といったアナログ造形…美・芸術大学

      モデラー業界は大きく分けて、CGソフトを使うデジタルか、粘土細工等を扱うアナログかで分かれます。

      結論を言うと、デジタル造形なら専門学校、アナログ造形なら大学をおすすめします。

      デジタルでCGモデルを作るなら専門学校がおすすめ

      ■専門学校がおすすめな理由

      アナログとデジタル、両方の授業があるから

      専門学校によってはデッサンや粘土造形といった、観察力と造形力を鍛える授業があります。

      それに加えて、CGソフトが動くハイスペックPCと、ソフトの使い方を教える講師が常駐してます。

      モデラー志望におすすめな専門学校

      上記2校は共に3年制の専門学校で、アナログ・デジタル両方の授業が充実してます。

      トライデントは愛知、九州デザイナー学院は福岡なので、地元民以外は入学しにくいと思いますが、本気でCGモデラーを目指すなら、ここ以外はあり得ないかなって思います。

      興味があるなら当サイトのレビュー記事を読むなり、資料請求してみることをおすすめします。

      現実世界でモデルを作るなら大学がおすすめ

      ■大学がおすすめな理由

      アナログ授業に特化してるから

      現実世界でモデルを作りたいのに、デジタルの知識を入れる必要はありません。

      3DCGを趣味程度にやりたいなら専門学校に行く理由はないので、美・芸大などでアナログに特化するのをおすすめします。

      ※注意※

      勘違いしないで頂きたいですが、どっちに進学しても本人の頑張り次第でどこの業界にも行けます。

      大学に行ったからゲーム業界に行けないとか、そんなことは無いので安心して下さい。

       

      ただ傾向として、各業界に向いてる進路があるってだけの話です。

      おすすめの進学先についてはこちらの『ゲーム業界には『国公立大学|私立大学|専門学校』どっちがおすすめ?ゲーム会社勤務が教えます』を参考にしてください。

      【無料】モデラーの仕事を体験する方法【専門学校の体験入学】

      モデラーになるための知識を付けるのも大事ですが、それ以上に重要なのは、

      モデラーという仕事が、あなたに向いてるかどうかです。

      それを確かめる手っ取り早い方法は、まずその仕事をやってみることです。

      その方法が専門学校の体験入学です。

      専門学校の体験入学を活用すれば、無料でモデラーの仕事を体験できます。

      モデラーの仕事を体験できる専門学校

      ■CGソフトを使ったデジタル造形が体験できる

        こちらの『ZBrush(ジーブラシ/ゼットブラシ)』というCGソフトを使い、デジタル造形を体験できます。

        簡単にいうと、パソコン上で粘度をこねるようなイメージです。

        デジタル粘度?とでもいうんですかね。

        ■フィギュア作りを通してアナログ造形が体験できる

          こちらの教育機関ではフィギュア作りを通して、アナログ造形を体験できます。

          フィギュア一体にかかる原価は5,000~6,000円くらいで、ZBrushにいたっては10万円以上する高級ソフトです。

          これらを無料で使えるんですから、かなりお得ですよね(笑)

          まぁ当然ですよ。体験入学ですからね。

          存分に使い倒して、あなたの適性を見極めてください。

          まとめ:必要なスキルを身に付けモデラーになろう

          ■モデラーまとめ

          • モデラーには観察力が必須
          • ゲーム・映像業界なら専門学校がおすすめ
          • 専門学校の体験入学を使いモデラーの仕事を体験しよう!

            以上が今回のまとめです。

            デジタルにせよアナログにせよ、モデラーには観察力が必須です。

            しかし何よりも大切なのは、その仕事が好きかどうかだと思います。

             

            私は専門学校の体験入学でCGソフトに触れ、

            「これだ!!!」って電撃が走ったのを覚えてます。

            そこから本気でCGクリエイターを目指し、今はゲーム業界でCG作ってます。

             

            たった一度の体験入学が、あなたの人生を変えるかもしれません。

            是非とも専門学校の体験入学を利用して、あなたの本気度、確かめてみてください。

            ■CGソフトを使ったデジタル造形が体験できる

            ■フィギュア作りを通してアナログ造形が体験できる

                  ABOUT ME
                  みっつ
                  CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。