CG系

チコちゃんの動画はどうやってできてるのか【作り方を解説】

「NHKで放送されてる『チコちゃんに叱られる!』って番組があるけど、あれのチコちゃんってどうやって作られてるの?」

 

このような疑問を解決いたします。

この記事を読めば、「お!CGの合成って意外に私でも出来るかも?」

という気持ちになるはずです。

 

■記事のテーマ

チコちゃん動画の作り方

■記事の内容

  • チコちゃん動画のを作る工程
  • 各工程に使われるソフトも紹介
  • CGは魔法じゃないと言う事実

■この記事から得られること

チコちゃん動画をきっかけに、CG合成のやり方が分かる

■記事の信頼性

私は専門学校でCG映像を勉強しおり、現在はフリーの映像屋として活動してます。過去にはゲーム会社でCGデザイナーをしていたので、CGに対してはある程度の知識と経験があります。

そんなCGデザイナーの私が、チコちゃん動画の作り方を解説していきます。

この記事は、CGworldの掲載記事

TV番組『チコちゃんに叱られる!』メイキング>>CGと着ぐるみの融合でクルクルと表情を変える5歳児キャラクター

を元に構成してます。

 

CGが良く分からない人にとっては、少し難解な記事だと思いました。

なので私がCG初心者の方にも分かるように、解説していきたいと思います。

それではいってみましょう。

チコちゃん動画の作りかた

  1. 収録された映像から顔の位置を探し出し、CGに置き換える準備をする
  2. チコちゃんの顔をCGで作る
  3. チコちゃんの表情を作る
  4. CGだと分からないように、収録した映像に馴染ませる
  5. 完成
チコちゃんとスタッフの集合写真出典:CGworld

前提として、チコちゃんの着ぐるみは現実世界に存在します。

全てがフルCGって事はありません。

 

後から頭部だけCGに置き換えてます。

 

ではどのようにして収録された映像に、CGで作られたチコちゃんの頭部をはめていくのか…

順番に解説していきます。

チコちゃんが収録された動画から顔の位置を探す

初めに、収録された映像から顔の位置を探し出します。

顔の位置を探しだし、CGで置き換える場所を指定します。

 

ちなにこの手法は『トラッキング』と呼ばれる手法になります。

【読みたい人用】トラッキングは何のソフトを使ってるのか

トラッキングにはNUKEのプラグイン『GeoTracker』を使っているそうです。

NUKEは最安でも50万円、GeoTrackerは16万円くらいするらしいです…

CGソフトは高いですね…

チコちゃん顔のをCGで作る

チコちゃんの頭部モデル出典:CGworld

次はチコちゃんの顔をCGで作ります。

 

まず顔の着ぐるみを元に、頭部のCGデータを作ります。

CGデータは3Dスキャンと言う手法で作られてるそうです。

 

3Dスキャンのイメージは下のようになっております。

チコちゃんの着ぐるみを元にCGデータを作り出す

カメラを複数使うタイプか、地道にスキャンしてくか。

どっちの手法を取ってるかは、書いてませんでした。

 

私が思うに恐らく前者の、カメラを複数使うタイプでCGデータは作られてると思います。

チコちゃんの表情をつくる

チコちゃんの表情出典:CGworld

次はチコちゃんの表情を作っていきます。

チコちゃんの表情は数パターンを作っておく

チコちゃんの表情出典:CGworld

チコちゃんの表情は『笑う』や『怒る』など、いくつかのパターンが用意されてます。

この用意されたパターンを、タイミングに合わせて切り替える事で、表情を変化させます。

チコちゃんの口の動きはAIによる自動解析

チコちゃんの口の動きは、音声解析である程度作ってくれるそうです。

母音の「あ・い・う・え・お」の音を読み取り、その母音に合った口の動きを付けるそうです。

 

例えば「おかむら」と発音する場合、「O・AK・MU・RA」となるので、母音は「お・あ・う・あ」となるわけですね。

したがって、口の動きは「お・あ・う・あ」とすれば、チコちゃんが「おかむら」と喋ってるっぽく見えるって事です。

 

ちなみに最初はセリフを聞いて、手動で口の動きを付けてたそうですが、時間がかかりすぎたらしいです。

そこで社内のプログラマーに頼んで、このセリフ解析ツールを作ってもらったらしいです。

プログラマーさんが優秀すぎます(笑)

【読みたい人用】使用ツールはMAYA

表情のアニメーションは『MAYA』で作られてます。

ブレンドシェイプで表情のパターンを作り、ブレンドシェイプの影響値を内製ツールによってコントロールしてます。

チコちゃんのフェイシャルリグを見ても分かるように、眉毛と目線くらいしかリグはありません。

 

なので、作る人によって表情が変わる事が少ないと思われます。

クオリティを一定に保つには、持って来いの方法ですね。

クルトンツール出典:CGworld

CGモデルの切り替え~モーフィング~

Aの表情→Bの表情と、表情が移り変わる事をモーフィングと言います。

マイケルジャクソンの『Black Or White』のMVでも使われてる技術です。

チコちゃんのCGを実写動画に馴染ませる

チコちゃん完成出典:CGworld

最後にCGで作ったチコちゃんを、実写素材に馴染ませます。

 

CGで頭部を作り、それを合わせただけではまだ完成ではありません。

このCGを現実に馴染ませる工程が、CGっぽさを極限まで無くし、あたかも現実世界にチコちゃんがいるかのように見せてくれます。

チコちゃんの腕と頭部の重なりを回避する

チコちゃんマスク処理出典:CGworld

左の画像のように、顔と腕が被ってる場合があります。

この場合は画像右のように、腕の奥に頭部が来るような処理をしなければなりません。

 

このように、奥行きの関係が現実世界とチグハグにならないように、修正していく必要があります。

この処理をしないと、視聴者に合成だとバレてしまいます。

 

ちなみにこの処理を『マスク処理』や単に『マスク』と言ったりします。

【読みたい人用】マスクはAeのプラグイン『silhouette』を活用してる

マスクはAeのプラグイン、『silhouette』を使ってるらしいです。

マスク取るのがかなり楽になるのかな?って印象です。

短時間でたくさんのマスクを切らないと!って場合は重宝するかもです。

 

しかし、silhouetteの価格は22万7,000円!

個人規模の開発で、日の目を見る事はないでしょう…

チコちゃんの影を入れたり色を馴染ませる

チコちゃんコンポジ出典:CGworld

CGで作られた頭に影を落としたり、スタジオの照明に合わせた色味を加えたりして、現実世界になじませていきます。

こういった細かい作業の積み重ねが、CGと現実の境目をなくしてくれます。

まさに職人技ですね!

 

ここまでやってようやく、チコちゃんの完成です。

チコちゃん動画はどこの会社が作っているか

CGスーパーバイザーには、NHKアート『林 伸彦さん』

CGディレクターには、フリーのCGディレクター『中野大亮さん』

以上の2名を筆頭に、現在はNHKアートと協力会社(コントルノ)の2社で作られてます。

 

1チーム7人で構成され、それが3チーム。

1本の制作に2~3週間ほどかかるそうです。

 

意外にも少数精鋭で作られているんですね!

チコちゃん動画の作り方まとめ

  1. 収録された映像から顔の位置を探し出し、CGに置き換える準備をする
  2. チコちゃんの顔をCGで作る
  3. チコちゃんの表情を作る
  4. CGだと分からないように、収録した映像に馴染ませる
  5. 完成

以上がチコちゃん動画の作り方です。

 

これでもしチコちゃんに

「チコちゃんは、どうやって作られてるの?」と聞かれても大丈夫ですね!

ドヤ顔で言い返してやりましょう!

 

CG制作に興味があったら、下の記事も参考にしてください!

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。