ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは?

「ゲームクリエイターってどんな人?」

「なにをしてたらゲームクリエイターなの?」

このような、ゲームクリエイターに対する疑問を解決します。

この記事を読めば、

「なるほど!ゲームクリエイターってそんな仕事なんだ!」

って気持ちになれるはずです。

みっつ

私は専門学校を卒業し、現在は都内のゲーム会社でCG制作に携わってます。

現役CGクリエイターと元専門学生の観点から、おすすめの専門学校を厳選しました。

私のプロフィールはこちら

現役のゲーム会社勤務が、ゲームクリエイターについて解説していきます。

ゲームクリエイターとは

ゲームクリエイターとは、ゲームを開発してる人達の総称です。

俗に言う『開発職』に分類される人達が、いわゆる『ゲームクリエイター』と言う事になります。

ゲームを開発してるって言うのは、どんなゲームにするかといった『企画』を作ったり、作られた企画を元にゲームの『見た目(グラフィック)』を作ったり、それが動くように『プログラム』したりする事です。

ゲーム会社は、開発職の人数が多い傾向にあります。

100人いたら70人はゲームクリエイターって事になりますね。

みっつ

ちなみに総合職って言うのは、経営や人事、法務とかをやる人達のことです。

ゲーム作りには、直接関わらない人達ってイメージです。

ゲームクリエイターとゲームデザイナーは何が違うの?

ゲームデザイナーは、ゲームの根幹を作る人と認識してます。

こんなゲームを作ろう!とか、このゲームはこんな要素を入れよう!

のように、ゲーム自体の根っこの部分を考える人をゲームデザイナーと呼んでます。(私は)

なのでゲームプロデューサーやゲームディレクター、一部のゲームプランナーの事を、ゲームデザイナーと呼称するってイメージです。

例えば、メタルギアを作った元コナミの『小島 秀夫』さん。

バイオハザードを作った元カプコンの『三上 真司』さん。

このあたりの人たちは、ゲームデザイナーとも呼ばれてますよね。

つまり、ゲームデザイナーとは『通り名』、ゲームクリエイターとは『カテゴリー名』と考えられます。

【仕事別】ゲームクリエイターがやってる事【職種紹介】

  • ゲームプロデューサー
  • ゲームディレクター
  • ゲームプランナー
  • ゲームプログラマー
  • ゲームグラフィッカー
  • サウンドクリエイター

以上がゲームクリエイターに分類される主な職種です。

一言でゲームクリエイターと言っても、その仕事は多岐に渡ります。

ではゲームクリエイターにはどんな仕事があるか。

それぞれ順番に解説していきます。

ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作全体の指揮を執る人です。

どんなゲームにするか、予算はどれくらいか、いつまでに完成させリリースするか、作ったゲームをどう販売していくか。

文字通り、ゲームを『プロデュース』するのが仕事です。

有名なところで言うと、FF14の『吉田 直樹』さんとか、モンハンの『辻本 良三』さんとかですね。

ゲームディレクター

ゲームディレクターは、ゲーム開発を完成まで導く人です。

チームメンバーに指示を出し、「この部分はもっと、こうしようか」、「この企画は、前の方が良かったんじゃない?」

のように、ゲームのクオリティや方向性を導くことが仕事です。

スマブラSPの『桜井 政博』さんを思い描くと、イメージしやすいかもしれないですね。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ゲームの企画を作る人です。

「こんな企画のゲームなら面白そう」、「こんな要素を入れたら面白くなるよね」といった感じで、ゲームそのものを考え、アイディアを形にする人です。

芸人のネタ作りがこれに近いイメージですね。

人を楽しませたり、面白いことが好きな人に向いてる仕事です。

世間で言われるゲームデザイナーとは、このゲームプランナーに属する人を指してることが多いです。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは、ゲームのプログラムを作る人です。

プログラムを作る事によって、ゲーム内にキャラクターが映ったり、コントローラーの動きが反映されたり、ステージの変化に合わせて、音楽を変えたりできます。

かわいいキャラが画面に映ったり、それを動かしたり出来るのは、ゲームプログラマーがプログラムを作ってくれてるからです。

任天堂の前社長、『岩田 聡』さんはプログラマー出身で、『MOTHER2』の開発をしたことは有名ですね。

ゲームグラフィッカー

ゲームグラフィッカーは、ゲームの見た目を作る人です。

ゲーム内のキャラクターや背景、アイテム、キャラクターの動きやエフェクト、画面構成(UI)を作るのが仕事です。

ストリートファイターのキャラクターデザインを担当した『安田 朗』さんとかは有名ですね。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、ゲームの音を作る人です。

ゲーム内のBGMや効果音を作るのが仕事です。

ゲーム音楽と言えば、スクウェア時代のFFの音楽を担当した『植松 伸夫』さんは有名だと思います。

以上がゲームクリエイターと呼ばれる人達の仕事です。

ゲームクリエイターになるには?【結論:スキルが必要】

ゲームクリエイターになるには、クリエイターとしてのスキルを身に着ける必要があります。

ゲームプログラマーならプログラムを作るスキル、グラフィッカーならグラフィックを作るスキルが必要です。

じゃぁ、そのスキルはどうやって身に付ければいいの?

スキルを身に付けれる方法は、大きく2つあります。

  • 専門学校や大学などの教育機関でスキルを学ぶ。
  • オンラインスクールや動画教材、市販の技術書などで独学。

以上の方法が挙げられます。

何かを作れるスキル無しに、ゲームクリエイターになる事は不可能です。

あなたがもし、ゲームクリエイターになりたいのであれば、何かしらのスキルを身に付けることをオススメします。

ゲームクリエイターになるのは夢物語なのか?

ゲームクリエイターになるのは簡単じゃないかもしれないけど、絶対不可能かっていうとそんな事はありません。

少なくとも医者や弁護士とかに比べたら、なれる可能性は高いと思います。(資格とかいらないですし)

私も学生のころは、ゲーム会社で働くなんて夢物語でした。

しかし、実際ゲーム会社で働いてみて気付いたことがあります。

みんなゲーム会社に夢見すぎ。

あがめすぎです。

たかが民間企業ですよ。

そこで働く人たちの多くは、ちょっと一芸に秀でたサラリーマンです。

入れないって思う方がおかしいです。

ゲーム作ってる人もあなたと同じ人間です。

ロボットや宇宙人みたいな、未知の生物が作ってるわけじゃないんです。

こう言われると、なんか入れる気してきませんか?

「あ、なんか行けそう」って…

それくらいの気持ちでいいんですよ。

そんな崇拝しなくても大丈夫です。

あなたにだって、ゲームクリエイターになれる可能性はあります。

適切な方法を知り、適切な努力をすれば道は拓けます。

頑張ってください!

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。