専門学校の基礎

ゲームクリエイターの専門学校選び【ポイント解説】

「ゲームクリエイターになりたいけど、専門学校の選び方が分からない…」

「ゲーム系の専門学校は、どんな基準で選べばいいの?」

このような悩みを解決します。

 

この記事を読めば、

「専門学校って、そう言う所に注意すればいいのか!」

という気持ちになります。

私は元ゲームクリエイターで、関西の大手ゲーム会社でCGデザイナーをしてました。

今はフリーのデザイナーとして活動してます。詳しくはこちら

ゲーム系の専門学校に通ってた経験を元に、専門学校選びのポイントを解説してます。

■ゲーム系の専門学校選び【ポイント解説】

  • なりたいゲームクリエイターの授業はあるか
  • ゲーム開発はチームと個人、どっちがメインか
  • 専門学校の年数はあんまり関係ないので、予算と相談しましょう
  • 在校生の作品もチェック。優秀な人には優秀な人が集まります

以上が、ゲーム系の専門学校を選ぶ際のポイントです。

下の方で詳しく解説してますので、よろしければ読み進めてください。

 

納得した人はこちらから、自分に合った専門学校をお選びください。

【専門学校選び】なりたいゲームクリエイターの授業はあるか

ゲーム系の専門学校を選ぶ際は、自分がなりたいゲームクリエイターの授業があるかが重要です。

 

ゲームクリエイターが良く分からない人は、まずはこちらをお読みください。

ゲームクリエイターの仕事の種類

一言にゲームクリエイターと言っても、その種類は多岐に渡ります。

 

新卒でゲーム会社に入る場合、大きく分けて4つの職種からゲームクリエイターのキャリアが始まります。

それが上の画像でもある通り、『ゲームプランナー』、『ゲームプログラマー』、『ゲームグラフィッカー』、『サウンドクリエイター』の4つです。

その中からさらに細分化されて、仕事内容が変わってきます。

みっつ
みっつ

自分が好きな事を優先するのがオススメです

※プロデューサーやディレクターは、現場経験が無いと就けない職業なので、まずはゲーム会社に入る事を考えましょう。

【例】ゲーム系専門学校の学科の違い

専門学校で学科の違いを例えると、

関西にある神戸電子では、『ゲームプランナー』に関する授業はありません。

ヒューマンアカデミーゲームカレッジでは、『サウンドクリエイター』に関する授業はありません。

 

このように同じゲーム系の専門学校でも、授業の有無に違いがあります。

自分がなりたい職種は何なのか。

この部分をハッキリさせて専門学校を選ばないと、取り返しのつかない事になりかねません。

【専門学校選び】ゲーム開発はチームor個人?【実習の数も大事】

ゲーム系の専門学校では、ゲーム開発の授業があります。

このゲーム開発ですが、チームメインでやるか個人メインでやるか。

この2つの比重が専門学校によって異なります。

【例】専門学校によるゲーム制作の違い

例えばですが、

先ほどの紹介した『神戸電子』なら、チーム開発の数は少なく個人制作に力を入れてます。

一方、ヒューマンアカデミーでは在籍中に10本のゲームを作る事を目標にしてます。それゆえにチームを組んで、ゲームを開発する機会が頻繁にあります。

 

このように専門学校によって、ゲーム開発に関われる頻度が異なります。

 

学生の内からチームでゲームを作りたい!

チーム開発には興味なし。個人制作で十分。

 

自分ならどっちを重視するか。

この辺も意識して、専門学校を選ぶと良いと思います。

みっつ
みっつ

私的には、チーム開発の経験はあった方がいいと思います

【専門学校選び】何年制がいいかは予算と相談【学費は高い】

ゲーム系の専門学校を選ぶ際、2年制がいいのか、4年制がいいのか。

この辺りは自分の予算と相談して、考える方がいいです。

ぶっちゃけ、年数はあんまり関係ないです。

ゲーム系の専門学校に年数はあんまり関係ない

2年制でも、ゲームクリエイターになれる人はいます。

逆に4年制に通っても、ゲームクリエイターになれない人もいます。

 

私は4年制の専門学校を出てますが、同級生の半分以上はゲーム業界に入れず卒業したと思います。

そうかと思えば、同期には1年制~3年制の専門学校を出てる人もいました。

 

以上の事から専門学校に通った年数と、ゲーム業界への就職は、あんまり関係ない事が分かります。

みっつ
みっつ

年数じゃなくて、本人の努力次第だと思います

ゲーム系の専門学校は学費は高い【年間100万超え】

ゲーム系の専門学校は学費が高いです。

上で紹介した『神戸電子』は学費だけで112万円します。

しかも、これは関西で安い方の部類です。

 

神戸電子に2年通うなら入学金含め、244万円です。

しかしこれが4年なら、478万円になります。

 

それぞれにメリットやデメリットがあるので、一概にどちらが良いと言い切る事はできません。

なのであなた自身に、これだけの予算が用意できるか?

その辺をしっかり考え、両親や親族、学校の先生方に相談する事をオススメします。。

【専門学校選び】在校生の作品を見る【質が大事】

ゲーム系の専門学校選びでは、在校生の質を確認するのも大事です。

気になる専門学校の在校生は、来年の自分かもしれません。

 

その専門学校に通ってる生徒の作品が、低クオリティだったら、入学を考え直した方がいいかもしれません。

もちろん体験入学やオープンキャンパスに出てくる先輩は、優秀な人である可能性が高いです。

 

しかしその相手してくれた先輩の作品ですら、レベルが低かったら、その専門学校の質はその程度と判断していいでしょう。

地雷を踏む前に早々に退散し、別の専門学校の体験入学へ行きましょう。

ゲームクリエイターの専門学校選び【ポイント解説まとめ】

■ゲーム系の専門学校選び【ポイント解説】

  • なりたいゲームクリエイターの授業はあるか
  • ゲーム開発はチームと個人、どっちがメインか
  • 専門学校の年数はあんまり関係ないので、予算と相談しましょう
  • 在校生の作品もチェック。優秀な人には優秀な人が集まります

以上がゲーム系の専門学校を選ぶ際に、注意して欲しいポイントです。

 

あなたのゲームクリエイターへの道は、専門学校選びから始まります。

ここで納得いく選択をしないと、取り返しのつかない事になりかねません。

たくさんの情報を集めて、あなたが納得いく専門学校を選んでください。

 

参考までに私が調べた、ゲームクリエイターを目指せる専門学校を載せときます。

元ゲームクリエイターの私が、実体験を踏まえた上で専門学校を解説しています。

よろしければ、目を通してください。

 

あなたがゲームクリエイターになれる事を、心から願ってます。

 

■東京でゲームクリエイターを目指せる専門学校

 

■関西でゲームクリエイターが目指せる専門学校

 

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。