副業

複業はメリットだらけ。バレるが怖いなら転職しよう

こんな風に悩んでませんか?
  • 複業(副業)に興味あるけど、どんなメリットがあるの?
  • 複業(副業)バレが怖いから副業をスタート出来ない…
みっつ

私は現在都内でゲーム開発に携わりながら、複業(副業)でこのブログ運営をしています。

ブログの運営歴は1年と9カ月ほどです。

2020年に入ってから、ようやく売り上げが立つようになりました。

直近の収益は1万円くらい出てます。

まだまだ少ない利益ですが、それでも複業(副業)を始めて良かったと思います。

この記事を読んで、

「複業ってそんなにメリットあるんだね!」

「私も副業やってみようかな?」

こんな気持ちになってくれたら幸いです。

この記事の結論
  • 複業(副業)のメリット→知力・行動力・経済力の向上
  • 収入源を分散させリスクヘッジさせる
  • 複業(副業)バレが怖いなら転職で環境を変える

一言でいうと、

複業(副業)をやらない理由はない。出来ないなら転職して環境を変えよう!

ってことです。

複業(副業)に興味が出てきた方はそのまま読み進めてください。

複業(副業)のメリット→知力・行動力・経済力の向上

複業(副業)のメリット
  • 副業のメリット①…知識量が増え賢くなる
  • 副業のメリット②…行動力が上がる
  • 副業のメリット③…経済力が上がる

私が感じてる複業(副業)のメリットはこんな感じです。

もちろん他にもメリットはあるのですが、今回は以上の3点を解説していきます。

複業(副業)のメリット①…知識量が増え賢くなる

私がやってる複業(副業)はこのブログ運営ですが、ブログを始めたことによって色んな知識が付きました。

ブログを始めて身に付いたスキル
  • 文章の書き方や読みやすい文章
  • 記事を構成する力
  • SEOの知識
  • サーバーやドメインの概念
  • マーケティングの知識

等々・・・

複業(副業)を始めなければブログに出会うこともなかったし、ブログを始めなければ上記のスキルを身に付けることもありませんでした。

しかもブログ運営をすることで、扱ってるジャンルにめちゃくちゃ詳しくなります(笑)

ブログで何かを伝える以上、発信者側には相当な知識量が問われます。

それゆえに、図らずもそのジャンルに詳しくなります。

私の場合はゲーム・CG系の専門学校を紹介してることもあり、専門学校に詳しくなったのはもちろんのこと、大学や他の教育機関についても知るきっかけになりました。

知らないジャンルを勉強する際に本を読むことが増え、いつの間にか読書をするようにもなってます

このように複業(副業)を始めるだけで、

複業(副業)開始→分からない事に直面→調べまくる→知識が増える→いつの間にか賢くなってる

こんなサイクルに入ってますね。

みっつ

複業(副業)することで勝手にスキルや知識が付いてくるんで、マジで最高です。

複業(副業)のメリット②…行動力が上がる

上記でも書いてますが、複業(副業)を始めると分からない事だらけです。

私も最初は、

「何が分からないかが分からない・・・」

って状態でした(笑)

そしてとりあえず、Google検索やYouTubeで

「副業 始め方」

って検索しまくってました。

そこでブログを知り、ブログの始め方を検索し、今度はブログの運営方法を調べ、その次はブログの収益化方法を調べ・・・

って感じで

分からない→調べる→解決策を見つける→行動する・・・

このようなサイクルを回して行動し続けました。

ブログ運営で得たもの

  • ブログを運営することで書店にも足を運ぶ機会が増えました。
  • ブログ記事のために外へ取材することもあります。
  • 知識量が増えたことで、節税や倹約意識が芽生えました。
  • 独立・起業するきっかけにもなったし、そのおかげで違う世界を知ることも出来てます。

全て複業(副業)を始めたからこそ、見えた世界です。

複業(副業)を始めてなかったら、ブログに出会えてなかったら、今の私はいません。

みっつ

今の行動力が付いたのは、間違いなくブログのおかげと言ってもいいです。

複業(副業)のメリット③…経済力が上がる

これはまだまだ実感が薄いですが、確実に経済力は上がってます。

ブログ収益が1万円ってのは全然大した事無ないですが、それでも1万円は1万円です。

サラリーマンの給料で、毎月1万円の手取りを増やそうと思ったら、1年以上かかるんじゃないですか?

私が前いた会社は、1年いて手取り1万円昇給したかどうかでした…

私の能力不足も否めませんが、だいたいどこの会社も同じようなものだと思います。

税金を操作して節税もできる

増えるお金もそうですが、減っていくお金も少なく出来ます。

確定申告をして、ルールの範囲内で税金の操作が可能です。

つまり、納税する所得税・住民税を安くすることができます。

結果、手元に残るお金が増るってことです。

このように複業(副業)を始めることで、

  • 利益が上がり収入が上がる
  • 節税して手元にお金が残る

結果、経済力が上がります。

少なくとも何もしてない人よりは確実にプラスになってると断言できます。

複業(副業)を始めた理由【自由への一歩】

複業(副業)なんてやらなくも良くない?

そもそもなんで複業(副業)やってるの?

このように思う人もいると思うので、その点を解説していきます。

複業(副業)を始めた理由を一言でいうと、、、

『サラリーマン一本だけだと自由になれないって判明したから』

ですね。

サラリーマン1本だと自由になれない理由【時給労働だから】

会社員、いわゆる”サラリーマン”って働き方は、良くも悪くも時給労働です。

時給ってのは言わば、時間の切り売り。

自分の時間を労働力に変えて、お金をもらう働き方です。

これはコンビニでバイトをしてようが、銀行に勤めてようが、ゲーム会社で働いてようが、根本的には同じです。

働くことを止めたら収入は途絶えるので、延々と働き続けないといけない。

私は思いました。

「このままでは一生自由になれないな…」

ってね…

4つのクワドラント【働かなくても良い仕組み】

4つのクワドラント 引用元:ヒーローズジャーニー日記

そこで色々と調べ、4つのクワドラントって概念を知りました。

詳しくは割愛しますが、要するに

  • 『自分が働かなくてもお金が入る仕組みを作る』
  • それをしないと死ぬまで働き続けないといけない。

このことを『ラットレース』なんて言われたりします。

詳しくは金持ち父さんシリーズを読んで下さい。

私は自由になるための第一歩として、複業(副業)を始めました。

まだまだ目標には遠いですが、それでも一歩一歩、確実に前に進んでます。

歩みを止めなければ、いつか必ずゴールにたどり着く。

そう信じて動き続けてます。

複業(副業)バレが怖いなら転職・独立するのもアリ

何となく複業(副業)のメリットは理解できたし、複業(副業)しないとヤバいかもな~ってことも分かった

やりたいのは山々だけど、私の会社、複業(副業)禁止…

そもそも残業だらけで複業(副業)なんてやってる時間ないし…

このように考える人も多いと思います。

複業(副業)禁止だし、残業続きでそんな時間さえ確保できない…

そんな場合は思い切って転職・独立してみてはどうでしょうか?

【政府も推奨】複業(副業)はやってて当たり前

複業(副業)OKな会社は未だ多くはないですが、政府が副業を解禁し推奨してるのも事実です。

複業(副業)事例

大手製薬会社の『ロート製薬』は2016年頃から副業を解禁してます。

コロナによる収入減で副業に手を出す人も増えてるらしいです。

もはや、今どき複業(副業)をしてない事の方が時代遅れかも?って思う世の中になってます。

そんな時流があるにも関わらず、未だに複業(副業)が禁止されてるって…

そんな会社は遅かれ早かれ淘汰される気がしますね。

おすすめはフリーランスとして独立【月60万円~80万円は見込める】

CGクリエイターなら転職や独立の難易度は高くないです。

モデリングやアニメーションといった、各スキルのスペシャリストが多いので、別の会社に行くことは容易だと感じてます。

ある程度スキルがあるなら、フリーランスとして独立した方がいいですよ。

フリーランスなら報酬ベースで、毎月60万円~80万円って案件が転がってます。

  • 経験年数が3年くらい
  • タイトルの完成経験アリ

って人なら、すぐに案件見つかりそうですけどね。

派遣クリエイターって働き方【ある程度の安定・そこそこの自由】

しかし現実問題として、、、

いきなりフリーランスなんて、私にはムリだよ…

こう考える人が大半かなって思います。

わかりますよそのお気持ち…。

実際に私もフリーランス案件に応募して、ことごとくお断りされました(笑)

そういう人はまず、派遣からスタートしてみるのもアリですよ。

私は上記の理由からサラリーマンって働き方に限界を感じ、複業(副業)を始めました。

そして複業(副業)がやりやすいように、正社員じゃなくて派遣クリエイターって働き方を選んでます。

派遣クリエイターはフリーランスほど報酬は高くないですが、20代なら正社員より貰える気がします。

少なくとも私は正社員時代より、年収1.5倍くらい上がってます。

もちろんフリーランスとしてプロジェクトに参画し高い報酬をもらえたらいいんですが、今の私ではまだ無理でした。

しかし、ゆくゆくはフリーランスとしてプロジェクトに参画する予定です。

その繋ぎとして派遣クリエイターを選択してるだけです。

しかも派遣クリエイターはゲーム会社の雇用されてるわけじゃないので、参画先の職務規定とか関係ないです(笑)

派遣クリエイターってのはいい意味で『お客様感覚』。

だから定時でも帰りやすいし時間が捻出できる。

そのおかげで複業(副業)もしやすい。

派遣クリエイターって働き方は、

  • フリーランスほど高単価ではないが、雇用の安定性はある。
  • 正社員より安定はしてないが、20代くらいの若手よりは稼げる。
  • ある程度給料が保証されており、なおかつ複業(副業)がやりやすい環境。

どうです?これ

現代の日本において、これほど最強の働き方なくないですか?(笑)

まぁもちろん出世街道から外れるんで、会社で役員クラス目指してます!!

って人にはおすすめできないですが…

しかし私のように

  • 人の会社にお世話にならず、1人でやっていく
  • 出世とか興味ない
  • ゆくゆくはフリーランスとして独立
  • 複業(副業)にも力を入れたい

こう思ってる人には、派遣クリエイターって働き方。

案外おすすめかもしれませんね。

派遣クリエイターで働いた感想はこちらの『派遣クリエイターとして1か月半働いた感想【満足度高い】』でまとめてますので、よかったら参考にしてください。

まとめ:複業(副業)はメリットだらけ。出来ないなら転職・独立で環境を変えよう

複業(副業)のメリットまとめ
  • 複業(副業)のメリット→知力・行動力・経済力の向上
  • 収入源を分散させリスクヘッジさせる
  • 複業(副業)バレが怖いなら転職で環境を変える

上記でまとめた通り、複業(副業)はメリットしかありません、

現在では政府が複業(副業)ガイドラインを作り、様々な大企業が複業(副業)を解禁してます。

世の中的にもご時世的にも、複業(副業)・兼業はもはや当たり前の時代です。

会社の倒産や出勤停止による収入減。

今は大丈夫でも来年どうなるかなんて、誰にも分かりません。

コロナだってまだまだ収まりそうにもありませんしね…

こんな世の中、サラリーマンの収入1本ってのはマジでリスクしかないんで複業(副業)はやってた方がいいですよ。

残業や職務規定の関係で複業(副業)がムリなら、転職で環境を変えるのアリです。

こちらの『【コロナだけど転職】ゲーム業界の転職活動体験記【4社内定・オファー1社】』に私の転職体験をまとめてますので、良かったら参考にして下さい。

複数の収入源を確保して、昨日よりも自由に近付きましょう!

私も日々精進です。

ABOUT ME
みっつ
CGアニメーター/リガー テクニカルアーティスト(TA)目指して精進中です 渋谷でゲーム作ってました。 6月からは品川の現場に移ります。